株式会社EVC

Haivision社Makito X

超低遅延・セキュア・高信頼性映像伝送エンコーダ・デコーダ Makito X

超低遅延・セキュア・高信頼性映像伝送エンコーダ・デコーダ

Haivision Makito Xファミリーは、エンドツーエンドで低遅延での映像伝送を実現します。
またセキュア・高信頼性(FEC)、かつSRT技術により、パブリックネットワークでの低帯域幅環境下においても高品質な映像伝送を実現します。

レコーディング / 配信サーバ「Calypso」、クライアントプレーヤー「InStream」を使用することで、PC / iOS / Android端末に対しても、低遅延での映像配信を行うことが可能です。
また映像伝送ブリッジサーバ「Media Gateway」を使用し、拠点をまたがってもセキュアで低遅延・高画質な映像伝送を行うことができます。

業務用、教育、放送モニタリング、医療など、様々な場面でのニーズにお応えできる、パイパフォーマンスのエンコーディングアプライアンスです。

特長

高品質・低遅延映像伝送

H.264で高品質(HD1080p60)で低遅延の映像伝送を実現します。

ユーザ端末への低遅延配信

レコーディング / 配信サーバ「Calypso」を使用し、
PC・iOS・Android端末へも低遅延で映像配信できます。

高い堅牢性

耐高温(70℃ )、防塵性など屋外・車載などでの使用に
耐えるモデルもご用意しています。

多彩なラインナップ

多様な入力(SDI・コンポジット・DVI)やコンパクトなものから
最大21枚のボードを搭載できるモデルまでご用意しております。

パケットロスに強い映像伝送

SRT(※1)技術により、パブリックネットワークなどログの発生し易い環境でも
高品質な映像伝送を実現します。
※1:Secure Reliable Transport

複数ビットレートに対応

最大4つの異なるビットレートのエンコードが可能です。

セキュアで高品質な映像伝送

AESストリーム暗号化と前方誤り訂正(FEC)を備えています。

拠点をまたがってもセキュア・低遅延・高画質

映像伝送ブリッジサーバ「Media Gateway」を使用することで、拠点をまたがってもセキュアで低遅延・高画質な映像伝送を行うことができます。

構成・運用イメージ

構成・運用イメージ

Haivison Enterprise Video Platformについて

Haivison Enterprise Video Platformは、セキュアで高品質なライブおよびオンデマンドコンテンツを、あらゆる拠点やさまざまなデバイスに配信することが可能です。
レコーディング/配信サーバ「Calypso」と、映像伝送ブリッジグサーバ「Media Gateway」と、HD対応STB「Mantaray」を用いることによって、ネットワークに大きな負荷をかけることなく、高品質の映像を配信します。

「セキュアで高品質な映像を配信 Haivison Enterprise Video Platform」の詳細はこちら

製品仕様

Makito X Single SDI
(エンコーダ)
Makito X Dual SDI
(エンコーダ)
Makito X Single DVI
(エンコーダ)
Makito X Dual SDI
(デコーダ)
型番 アプライアンス型 S-292E-HDSDI1 S-292E-HDSDI2 S-292E-DVI S-292D-HD2
ブレード型 B-292E-HDSDI1 B-292E-HDSDI2 B-292E-DVI B-292D-HD2
ビデオ入力・出力 ・コンポジット:NTSC/PAL/PAL-M
・SD-SDI:SMPTE 259M-C
・HD-SDI:SMPTE 292M,274M,296M
・3G-SDI:SMPTE 424M,425M
・Y、Pb、Pr/RGBHV コンポーネントアナログ
・Y、Cb、Cr/DVI コンポーネントデジタル
・HDMI 1.3
・SD-SDI/SMPTE 259M-C
・HD-SDI/SMPTE 292M,296M,274M
・3G-SDI/SMPTE 424M,425M
ビデオ解像度 ・1920x1080p:60/59.94/50/30/29.97/25/24/23.98 Hz
・1920x1080i:60/59.94/50 H
・1280x720p:60/59.94/50/30/29.97/25 Hz
・720x480/576i:60/59.94/50 Hz
※フィールドにおいて、1秒ごとにインターレース表示
コンピュータ解像度 - - ・1920 x 1200:60Hz
・1680 x 1050:60Hz
・1600 x 1200:60Hz
・1600 x 900:60Hz
・1440 x 900:75/60Hz
・1400 x 1050:75/60Hz
・1360 x 768:60Hz
・1280 x 1024:75/60Hz
・1280 x 800:85/75/60Hz
・1280 x 768:85/75/60Hz
・1152 x 864:75Hz
・1024 x 768:85/75/60Hz
・800 x 600:85/75/60Hz
・640 x 480:85/75/60Hz
-
オーディオ入力/出力 ミニDIN-8コネクタ ・バランスト・ステレオアナログオーディオ
・アンバランスト・ステレオアナログオーディオ
・トークバック
埋込型オーディオ ・SD-SDI:SMPTE 272M
・HD-SDI:SMPTE 299M
・埋込型DVIオーディオ ・SD-SDI:SMPTE 272M
・HD-SDI:SMPTE 299M
・HDMI
ビデオエンコーディング 圧縮標準 ・H.264(MPEG-4 AVC part 10)
・ISO/IEC 14496-10
・Baseline、Main
・High Profiles
・最大レベル4.2かそれ以下の中間レベル
・I
・IP
・IBP
・IBBPフレーミング
・調整可能な画像グループ(Group of Picture = GOP)サイズ
・調整可能なフレームレート
・デブロッキングフィルタ
-
ビットレート SD / HD 32kbps~25Mbps
レート制御 VBR
遅延 55ms以下
オーディオエンコーディング 圧縮標準 ・MPEG-2 AAC-LC ISO/IEC 13818-7
・MPEG-4 AAC-LC ISO/IEC 14496-3
-
オーディオチャネル ・ブレード毎にアナログ×2
・1ブレードあたり16エンベデッドオーディオ(SDI)
・ビデオチャンネル毎に埋め込み型オーディオ×2
ビットレート オーディオペアあたり56~320Kbps
周波数特性 20Hz~22KHz
メタデータ(オプション) ・CoT to KLV コンバージョン
・KLV(シリアル RS-232/422上、UDP および SDI上で)
・SMPTE 336M 準拠、MISB 0601.5準拠、MISB 0604.2 準拠(同期,タイムコードの挿入)
-
IPネットワークインターフェース 標準 ・Ethernet 10/100/1000 Base-T
・自動判別
・半/全二重通信
・Static IP/DHCP
コネクタ RJ-45
ネットワークプロトコール ・ユニキャストストリーミング
・マルチキャストストリーミング(IGMP v3)
・多重ユニキャストストリーミング
・MPEGトランスポートストリーム・オーバー UDP/RTP
・RTMP
・SAP (RFC 2974)
管理インターフェイス 標準 ・RS-232
・RJ45からRS-232変換(DB9管理ケーブルが必要)
・Ethernet
管理 ・HTTP(Webブラウザ)
・SSH/Telnet/RS-232によるコマンドライン
・SFTP/TFTP/SCP
・SNMP v3
外形寸法・重量 アプライアンス型 ・寸法:24(H) x 149(W) x 202(D) mm
・重量:1.13Kg
6ブレードシャーシ型 ・寸法:43.69(H) x 434.98(W) x 420.37(D) mm ※19インチラックマウント型1RU
・重量:7.94Kg ※1ブレード各々の重量は0.23kg
21ブレードシャーシ型 ・寸法:178(H) x 439.98(W) x 460(D) mm ※19インチラックマウント型4RU
・重量:17.24Kg  ※1ブレード各々の重量は0.23kg
電源要求 アプライアンス型 ・12VDC, 20W
・100 ~ 240VAC 30W(外部ロック式電源供給)
6ブレードシャーシ型 ・冗長ACタイプ/医療グレード : 90-264VAC,47Hz-63Hz,Max30W(内部電源)
・DCタイプ : 20-36 VDC,Max300W(内部電源)
21ブレードシャーシ型 90-132V と 180-240VAC,47Hz-63Hz,Max400W(内部電源)
温度・湿度条件 アプライアンス型 動作温度:0℃ ~ 40℃/保管温度:-30℃ ~ 70℃
シャーシ型 動作温度:0℃ ~ 50℃/保管温度:-40℃ ~ 70℃(6ブレードタイプ、21ブレードタイプとも)
高度な機能 ・マルチビットレート(MBR)ストリーミング
・HD/SD インターレース解除
・ビルトインダウンスケーリング
・デブロッキング・フィルタ
・EIA-608-B/NTSC ライン21 クローズド・キャプション
・EIA-708-B/SDI クローズド・キャプション
・前方誤り訂正(FEC)
・ファーネスによるAES 128もしくは256ビット暗号化
・SDアスペクト比構成
・SD AFD および WSS
-