株式会社EVC

Elemental Technologies社Elemental® Delta

Elemental® Delta - Video Delivery Platform -

マルチスクリーンビデオ配信プラットフォーム構築ミドルウェア

Elemental Technologies社マルチスクリーンビデオ配信プラットフォーム構築ミドルウェア「Elemental® Delta」は、多彩な視聴サービスと効率的な配信基盤構築を実現する、映像マルチデバイス配信プラットフォームです。

プライベートクラウドを含むクラウド、またはサーバ上の仮想マシンで動作し、国際標準規格であるMPEG-DASH、AppleのHLS(Http Live Streaming)をサポート、オンデマンドとライブ、タイムシフトサービスをマルチデバイス向けに提供することが可能です。

また、「Catch-up TV(見逃し視聴)」や放送中の番組を最初に戻って視聴できる「Start-over TV」、VOD・ライブ配信中の広告挿入といった高度なカスタマイズとコントロールが可能で、最高品質のユーザエクスペリエンスを提供します。

一般的な配信サーバとElemental Deltaの違い

一般的なEncode~配信までの流れ

一般的なEncode~配信までの流れ
全デバイス向けの全サイズのコンテンツを配信サーバへ配置しておくことが必要 
⇒ 配信規模が拡大すると、レスポンスが良い大容量の配信サーバを大量に配置しなくてはいけない。

Elemental Deltaを用いた配信までの流れ

Elemental Deltaを用いた配信までの流れ
アクセスに応じて配信形式の変更(コンテナ化/DRM)ができる他、広告挿入・Catch-up TV等への対応も可能。
大規模配信を、効率よく実現。Origin-Edge構成でアクセス量増加にも対応。

主な仕様

ユニバーサル入力

MPEG-TS、Apple HLS(Http Live Streaming)およびMPEG-DASHを含む標準的なストリーミングプロトコルに対応

複数の出力形式

MPEG-DASHといったアダプティブ・ストリーミングからHLS対応のAppleデバイスやセットトップボックス向けに、リクエストに応じたマルチ解像度およびビットレート出力

リアルタイムにコンテンツを決定

コンテンツ固有のルールに応じたコンテンツのブラックアウト、コンテンツの置き換えやQoS(クオリティ・オブ・サービス)の決定

ターゲットを絞った広告挿入

リクエストに応じてライブ・VODコンテンツに、視聴者の地域や再生デバイスの種類などを特定した広告挿入が可能

デジタル著作権管理

AES、SAMPLE-AES、Fairplay、PlayReady、Adobe pHLSなどのDRMをサポート

管理オーバーヘッドの削減

REST/XML API、SNMPやWebベースのインターフェースを利用して、セットアップ、ワークフロー構築、ジョブプロセス、スケジューリング、優先順位の設定などが簡単に実行可能

構成イメージ

Elemental® Delta 構成イメージ

導入メリット

ストレージ容量とコアネットワークの帯域削減

現在のネットワーク状況に適したコンテンツを配信することで、ストレージと帯域幅のコストを削減します。
デバイスおよびコンテンツに対し固有のルールで、ビットレート、解像度、オーディオ形式、キャプションやチャンネル数に合わせてビデオを最適化し、ストレージ容量と配信コストの削減を生み出します。

多彩な視聴環境の提供

Catch-up TV機能 ライブが終了したと同時にVODコンテンツとして視聴ができます。
Start-over TV機能 ライブ配信中のコンテンツをスタート地点まで遡って視聴できます。
Delay TV機能 時差のある地域で同じ現地時間から開始するように配信時間の調整ができます。
nPVR機能 ユーザー側が終始点を決め、個々人が専用のVODを作ることができます。
これらの機能は入力ソースや出力するプロトコル、配信先など、設定画面上からそれぞれのフィルターを組み合わせるだけで設定が可能ですので、難しい操作は不要です。

新たな収益モデルの創出

Elemental Deltaは、広告の挿入や広告の除去・差し替え機能を有していますので、ライブやVOD配信しながら広告を提供することが可能です。
また、視聴者の地域や、再生デバイスの種類などを特定した広告の挿入ができますので、ターゲットを絞った広告提供が可能です。