株式会社EVC

パシフィックリーグマーケティング株式会社様

パシフィックリーグマーケティング株式会社様

日本初のプロスポーツ・
マルチデバイス向け
有償配信サービス
「パ・リーグTV」を提供する
PLMが、魅力ある新機能や
より高品質な映像の提供で
同サービスを大幅に強化
パシフィックリーグマーケティング株式会社 × Bizlat

「プロ野球界、スポーツ界の発展を通して、日本の社会全体を明るく元気にしていくこと」をビジョンに掲げ、パ・リーグTV、パ・リーグ.comといったメディアの運営や、パ・リーグ6球団の共同イベントなどを手掛けるパシフィックリーグマーケティング株式会社。

同社では、自らが運営するパ・リーグTVの機能強化に向け、Azureを導入し、EVCのコンサルティングの下、システムを刷新。

マルチアングルVODなどファンを魅了する新機能を新たに公開すると共に、「止まらない」「綺麗」「安心」サービスを提供できる日本初のプロスポーツ・マルチデバイス向け有償配信サービスを実現した。

お客様紹介

パシフィックリーグマーケティング株式会社 マーケティング室 室長 CMO 荒井 勇気 氏
パシフィックリーグマーケティング株式会社
マーケティング室 室長 CMO
荒井 勇気 氏
パシフィックリーグマーケティング株式会社 IT統括部 部長 CDO 佐藤 直記 氏
パシフィックリーグマーケティング株式会社
IT統括部 部長 CDO
佐藤 直記 氏
パシフィックリーグマーケティング株式会社 マーケティング室 テクニカルアドバイザー 堀内 修一 氏
パシフィックリーグマーケティング株式会社
マーケティング室 テクニカルアドバイザー
堀内 修一 氏

パシフィックリーグマーケティング株式会社

パシフィックリーグマーケティング株式会社は、2007年5月、パシフィック・リーグ加盟6球団により設立され、パ・リーグTV、パ・リーグ:com、パ・リーグインサイト等の提供サービスを通じて、多くの野球ファンやその候補にスポーツの楽しさを伝えている。近年は野球だけでなく、アマチュアスポーツを含め、様々なスポーツ団体にもサービスを横展開。 「日本の社会全体を明る<元気にしていく」というミッションを遂行している。

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1-12-9 日本橋浜町ビル3F
https://www.pacificleague.jp/

パシフィックリーグマーケティング株式会社様

※ 写真左から、荒井氏、佐藤氏、堀内氏、EVC國分

導入の背景

初代パ・リーグTVを刷新し、
より魅力ある視聴環境を実現

パシフィックリーグマーケティング株式会社(以下、PLM)は、2012年に提供を開始したパ・リーグ6球団の映像コンテンツを提供する主力サービス「パ・リーグTV」を大幅に刷新。2018年の開幕に合わせ、ファンを魅了する新機能の提供を開始すると共に、停止や遅延することのない高品質なサービスを実現した。

コンテンツホルダー自らがメディアを運営する理由について、PLMマーケティング室 室長の荒井勇気氏は、次のように話す。「明確な2つの理由があります。1つは、配信コンテンツのクオリティや露出を自らコントロールできること。もう1つは、自分達が想い描くファンにとって理想的な野球視聴環境を実現するためには、独自のプラットフォームが不可欠であったことです」

そこで同社は、独自に新たなプラットフォームを立ち上げ、自社でのサービス運用に踏み切った。

こうしてスタートしたサービスだったが、数年が経過する中で新たな課題が発生する。当時の状況について、PLMマーケティング室 テクニカルアドバイザーの堀内修一氏は、「月払いや一括払いなど、複数の決済方法への対応が必要でした。また、映像では、Flashがセキュリティ面などから廃止されつつあり、HTML5を使用することが必須になりました。さらに、配信停止の防止や画質の改善も急務でした」と回想する。

ここで浮上したのが、初代パ・リーグTVの構築時から主にCMS機能として使用してきた映像配信システム「Bizlat」を提供する株式会社EVC(以下、EVC)のコンサルティングの下、映像配信環境をMicrosoft Azureに切り替え、システム全体を最新のBizlatでコントロールするというアイディアだった。EVCは、2012年の初代のパ・リーグTVの時代から継続して映像関連システムに関する支援を行ってきた。新システムの検討を開始したPLMでは、熟慮の末、Microsoft Azureの導入および、映像・CMSを含めたシステム全体については、最新のBizlatでコントロールすることを決定。こうして、名実共に“All EVC”パ・リーグTV環境が確立された。

パ・リーグTV等を運営するPLMのオフィス
パ・リーグTV等を運営するPLMのオフィス

導入の経緯

停止しない高品質な配信を実現し、
マルチアングルVOD等の新機能も提供

最新のBizlatの特長について、EVC代表取締役の國分秀樹は、「Azureの特性をフルに活かしながら配信管理を行っています」と話す。たとえば、マルチデバイス対応では、Azure Media Servicesと連携することで、1つの映像データを使い他の競合サービスの半分以下のストレージ容量で効率良く各種デバイスへの配信を実現できる。また、Azureのストリーミング暗号化技術により、正規ユーザーのURLが不正利用者に漏れても、解読する鍵がないため視聴できない。さらに、Azure CDNサービスの活用で常にピーク時に合わせたリソースの用意が不要となり、コスト削減にも寄与。試合時には数万人が一気に視聴し、試合が無い時にはトラフィックが発生しないパ・リーグTVにとって、この従量課金の仕組みは非常に大きなメリットとなる。Azureとの連携で、これらの特長を余すことなく享受できるBizlatは、正にPLMが切望するものだった。

新パ・リーグTVの映像送出機器
新パ・リーグTVの映像送出機器

導入のポイント

  • 日本初の「プロスポーツ・マルチテバイス向け有償配信サービス」を機能強化
  • マルチアングルVODなど、コンテンツホルダーならではの充実したファンサービスを提供
  • Microsoft Azureのメリットを最大限に活かし「止まらない」「綺麗」「安心」映像配信を実現
新パ・リーグTVの構成図

導入の効果

刷新されたパ・リーグTVは
ノントラブルでの配信を実現

Bizlatの導入効果について、荒井氏は、「今年の開幕で、刷新されたパ・リーグTVはノントラブルでの配信を実現しました」と強調する。新たな映像配信環境のサービス開始において、全くトラブルが発生しないことがいかに稀であるかを痛感している荒井氏にとって、ノントラブルという結果は、正に“最大の導入効果”と言えるものだった。提供機能についても、大きな躍進が見られた。堀内氏も、「今回から、ユーザーの方が好みのカメラを選択できる“マルチアングルVOD”機能が開始されました」と話す。通常の球場映像は、1つの映像としてしか視聴できないが、本機能では、球場の複数のカメラ映像から好みの対象を選んで“マルチアングル”で視聴できる。さらに、「以前からある3画面同時視聴では、メインの1画面以外、サイズが小さくも画質も低かったものが、新システムでは、3画面全てで細かな内容まで確認できるほど高品質になりました」と話す。

会社としてのEVCへの評価の声も上がっている。PLM IT統括部 部長の佐藤直記氏は、「我々の業界と長く関わっているため、今、どこまでやらなければ、公開時期に間にあわないといった点を助言頂けます。また逆に、ここは60%で公開して、その後残りの40%を満たせばいいといった見極めもして頂けます。これらは私達にとって非常に有効となります」と話します。荒井氏も、「私達の間では“EVCクオリティ”という言葉があります。『それはできます』と発言された際のクオリティ担保は確実で素晴らしいものであり、長くお付き合いできている理由でもあります。EVCの見解は間違いがないと判断できることは、私達にとって非常に重要です」と強調する。

今後の展開

日本の社会全体を明るく元気に!
プラットフォームの横展開も検討

開幕に合わせ、ノントラブルでのパ・リーグTVサービス開始を実現し、これからさらなるサービスの向上に努めるPLMだが、既に他のサービスとの連携についても、その歩みを進めている。

「情報サイトであるパ・リーグ.comへライブ映像提供を実現できた点は、非常に重要だと考えています。これまではパ・リーグTVサイトに閉じたサービスでしたが、新システムでのHTML5対応等により、外、つまり他のサービスへ横展開が可能となりました。今回のパ・リーグ.comへのサービス提供は、今後の同様の取組みへの足掛かりになったと感じています」(佐藤氏)

企業理念にも掲げられている通り、PLMは野球だけでなく、「スポーツ界の発展を通して、日本の社会全体を明るく元気にしていくこと」を目指している。そんな視点から、最後に荒井氏は、同社の将来の展望について、次のように語り今回の取材を締め括った。「アマチュアのスポーツでは、ネット配信がしたくても、コストや技術を含めてなかなか実現できないという状況が見られます。私達がパ・リーグTVで実現したプラットフォームをOEMなどの形態も含めて提供することで、彼らのネット配信を支援したいと考えています。そして、このような横展開においてもBizlatは、必要不可欠なものになると思います」

PLM社内の会議・視聴ルーム
PLM社内の会議・視聴ルーム

常に新たな価値を創造するという姿勢を貫くパシフィックリーグマーケティング株式会社。利用者からの要望に的確に応えるだけでなく、自ら斬新なサービスを検討し提供することで、既存利用者へのサービスを向上すると共に、将来的な利用者の獲得・拡大にも努めている。

※この事例は2018年6月時点の情報を元に構成しています。